リハビリテーション科回復期リハビリテーション病棟|リハビリテーション科求人について


回復期リハビリテーションとは
適応疾患と入院期間
城山病院 回復期リハビリテーション病棟について
リハビリテーションについて
入院から退院まで
1日の生活

回復期リハビリテーション病棟とは

大きな怪我や病気を発症すると、多くの場合は急性期病院で治療を行います。そして生命の危険がなくなり治療を終えると退院となります。しかし治療を終えた後でも自宅での生活を送る上で支障があり、社会復帰が難しい場合があります。

平成12年(2000年)に国の制度によって「回復期リハビリテーション病棟」ができました。これは急性期治療が終わっても様々なサポートが必要な患者様を対象に、医療専門職がチームとなって集中的なリハビリテーションを実施するものです。そして、心身が回復した状態で自宅や社会に戻っていただくことを目的とした病棟です。

適応疾患と入院期間

回復期リハビリテーション病棟への入院は、怪我や病気の種類とその発症からの日数が定められています。

疾患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

城山病院 回復期リハビリテーション病棟について

理念 〜最適の時期に 最高の状態で 最高のリハビリテーションを〜

「最適の時期に」
早期リハビリテーションの重要性は周知の事実です。当院回復期リハビリテーション病棟ではできるだけ速やかに急性期病院からの転院を受け入れ、充分なリハビリテーションを施行できるよう心がけております。

「最高の状態で」
リハビリテーションが必要な患者様は多くの合併症を有することが少なくありません。心疾患や骨関節疾患による腰や膝の疼痛などで、リハビリテーションがうまく進まないことはよく経験します。総合診療の立場にたって合併症をコントロールし、患者様が最高の状態でリハビリテーションが進むように努めます。

「最高のリハビリテーションを」
質の高いリハビリテーションが行えるよう、各職員が専門職としてのスキルアップを図ります。
リハビリ室のみでの練習がリハビリテーションではありません。病棟での生活すべてがリハビリテーションとなるように関係職種が協働し、常に在宅復帰や社会復帰を目指していきます。

基本方針

●人間の尊厳に配慮したチームアプローチの実践
患者様の尊厳に配慮したアプローチを関係職種で連携して行います。特に栄養摂取を経口で行うこと、排泄をトイレで行うことに取り組みます。

●目標に向けたアプローチを行うための取り組み
日々の患者様の状態や情報を関係職種でリアルタイムに共有し、効果的なアプローチを行います。

●質の高いサービスの提供
各職種が専門職としての自己研鑽に励み、職場での必要な教育を継続して実施し技術の向上を図り、患者様に質の高いサービスが提供できるよう努力します。



特色

●リハビリテーション専門医による病状の確認が行われている
当院にはリハビリテーション専門医が在籍し、日常的に病棟へ出向いて入院されている患者様の状態を確認し必要な診療を行っています。

●自宅復帰率が高い
入院した患者様のうち自宅退院した患者様の割合(=自宅復帰率)が、91.5%(平成26年度)で全国平均68.5%(平成26年度回復期リハビリテーション病棟協会実態調査アンケート)に比べると高い結果を維持しています。

当院は回復期リハビリテーション病棟協会の会員病院になっています。
回復期リハビリテーション病棟協会HP

リハビリテーションについて


屋外歩行練習

自転車
エルゴメーター
理学療法
痛みや筋力低下、関節可動域制限といった運動機能の低下を改善し、起き上がる・座る・立ち上がる・歩くなどの基本的な動作能力の回復を目指します。


作業活動
(ネット手芸)

調理練習
作業療法
患者様に、できる限り自分らしい生活を送っていただくために、様々な作業活動を用いて、心身機能や食事・着替えなどの日常生活動作(ADL)、趣味活動などの改善を目指します。作業活動とは、食事・排泄・趣味活動・散歩・仕事・スポーツ・遊び・創作活動など、その人らしく生きていくために生活の中で行われる活動のことをさします。


嚥下練習
(アイスマッサージ)

呼称練習
言語療法
失語症や構音障害など言葉によるコミュニケーションに問題のある方に、コミュニケーション能力の回復をはかり、日常生活の充実を目指します。また、摂食・嚥下障害にも積極的に取り組んでおり、食事中にむせてしまう、飲み込みにくいなどの方に対して検査・訓練を行います。

入院から退院まで



入院時評価


カンファレンス


回診
 
治療計画や退院時の目標などについて説明を行います。
 
入院日当日から患者様の状態に合わせた生活が送れるように、動作やベッド周囲の環境設定を行います。
 
 
 
医師をはじめとした関係職種で意見を合わせ、退院時の目標に向けたアプローチを確認します。
 
定期的に情報を共有し、アプローチの進捗状況を患者様に実際に動作を行ってもらい確認します。
 
患者様が退院後に生活する環境を確認し、必要に応じて改修や福祉用具の提案を行います。家屋評価について詳細はこちら
 
退院後の生活について患者様やご家族を含め、関係者で確認や話し合いを行います。
 
 

1日の生活

1日の生活(PDFファイルが表示されます)
食べリハ体操(PDFファイルが表示されます)

食事前に行っている食べリハ体操


八王子保健生活協同組合 城山病院
〒193-0826 東京都八王子市元八王子町3-2872-1
TEL:042-665-2611 FAX:042-666-6010
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。
個人情報保護方針