概要

放射線科では一般撮影(レントゲン撮影)、CT(4列マルチスライス)、X線透視装置検査について患者様ひとりひとりに合わせ最も必要な情報が得られるよう心掛けた、撮影・検査の業務を行っています。

それぞれの画像診断装置により検査をされた画像データは、画像サーバに一旦ためられ、院内にはネットワーク配信、院外にはフィルムもしくはCD-Rで提供し、医師が即座に閲覧できるシステムが構築されています。
患者様の疾患の診断や治療に迅速に対応できるようになっています。

主な医療設備

CR装置(REGIUS210)
一般撮影(レントゲン撮影)では、胸部や腹部、全身の骨や関節などの撮影を行っています。
最適な画像表示や画像の電子保管を行い、画像情報の有効活用ができるよう整備されています。

4列マルチスライスCT(Asteion)
4列のマルチヘリカルスキャンが可能な装置で広範囲を連続して高速に撮影でき、検査時間の短縮化や患者さんの負担も軽減させることができます。

X線透視装置(Winscope2000)
X線透視装置では、体を透過したX線をTVモニターで、リアルタイムに動画として見ることができます。
主に上部・下部消化管や嚥下造影(VF)などの造影検査を行っています。

インバータ式コードレス回診用X線装置(IME-100A)
体調が優れない等の理由により、移動が困難な患者様に対してその場で撮影をします。
こちらも一般撮影と同様のプレートを用いて患者様の撮影部位の下に挿入しX線を照射して撮影します。

PACS(RapideyeCore)
画像保存通信システム(Picture Archiving and Communication Systems)の略称です。
当院での画像の電子保管を行い、画像情報の配信を行なっています。


八王子保健生活協同組合 城山病院
〒193-0826 東京都八王子市元八王子町3-2872-1
TEL:042-665-2611 FAX:042-666-6010
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。
個人情報保護方針